タイ空港でアクシデント発生!

タイバンコクでは
満喫した日々ばかりでは
ありませんでした。

帰国日にタイ空港で
予期せぬアクシデントが
発生しました!

出国審査のときに搭乗チケットと
一緒に提出する出国用紙をなくしました。

タイ入国でスタンプを貰い
出国時に提出する用紙でした。

どうやらホテル滞在時に
間違ってゴミ箱に捨ててしまったようです。

そのときに搭乗チケットを
審査員に没収させられました。

搭乗チケットの返却を求めましたが、

係員は「聞く耳持たず」です。

このとき時間は出発まで1時間程でした。

頭の中に「砂時計」が浮かびました。

南米の空港で
搭乗エリアの近くの場所で
係員から自分の荷物をすべて
開けられたことを思い出しました。

搭乗チケットに特殊な記号が                 記載されていてランダムに                  割り当てられる荷物検査でした。

あのときの緊迫した状況に                  似ていました。

しかたがないので、
係員に「搭乗チケットをなくしました。
どうすればよろしいでしょうか?」

と話しました。

係員はNAとカウンターま
で案内してくれました。

そこで事情を話ししばらくして、
搭乗チケットを再発行してもらいました。

受付の人に礼を言って、
指定の搭乗エリアまで移動しました。

しばらくして同行者のみんなが
搭乗エリアまで来ました。

みんなファーストラウンジで
くつろいでしました。

いっぽうこちらは汗まみれで
帰りのチケット発行が懸かった
制限時間付きサバイバル

最後の最後で予期せぬ                    アクシデント発生を                     乗り越えることができました。

こうしてタイバンコクの
五日間の短い旅は幕を閉じました。

今回は旅先でのアクシデントでしたが、
仕事などで、突発的なアクシデントから
問題解決を学ぶこともあるので
まんざら悪い経験ではなかったです。

タイのエキサイティングなバンコクツアー

バンコク滞在日2日目の夜は
ディナークルーズでした。

クルーズでは民族音楽が流れ
寺院のライトアップの
綺麗な夜景を楽しみました。

バンコク滞在日3日目は
像乗りを経験しました。

像の乗り心地は
スリルがありました。

馬に乗馬したときとは
違ったスリルでした。

持ち合わせのお金が少なく
飼育員に渡した
チップは半分でした。

飼育員は寂しそうでした。

その後、水上マーケットを
ボートで走り抜けました。

水上マーケットには
衣類、骨董品、食料など
様々な商品が
売られていました。

マレーシアで
ボートに乗った時とは
違った快感がありました。

それから
電車が通るマーケット

路線脇に露店
を開きながら商売する人達の
気合と根性を直に感じ取りました。

その日の夜はホテル近くのレストランで
シーフード料理を頂きました。

バンコクツアー同行者仲間の                誕誕生日パーティーを 開催しました。

彼女のこれからのご活躍を
お祈り申し上げます!

タイバンコクでメキシコ美女と遭遇!!

先月、起業家仲間と数人で
タイバンコクに行ってきました。

タイで一番おしゃれと
言われている

チャットチャック
ウィークエンドマーケット
へ向かいました。

衣類から骨董品まで
本当に何でもあるマーケットです。

バンコク初日の昼食は
スペイン料理を頂きました。

この場所に
スペイン料理があるとは
思ってもいませんでした。

気温が高いタイバンコクで
スペイン料理を頂くのも
悪くありません。

翌日はバンコクの寺院
ワット・ポーへ向かいました。

バンコクの寺院ワット・ポーで
メキシコからツアーで来た
2人の女性と遭遇しました。

彼女たちとは
スペイン語で話しました。

バンコクツアーを
エンジョイしているようでした。

他にはスペイン語圏のガイドが
スペイン語圏の観光客を
アテンドしていました。

どうやらタイバンコクは
外国人にも人気な国のようです。

「外国語」が出来ると
旅が200%楽しめる事を
体感しました。

この際、諦めていた語学に
再チャレンジしてみては、
いかがでしょうか?