人生での4つの時間 前編

1日に与えられた
時間は24時間です。
1年は365日です。

その時間をどう使うかによって、
人生は大きく変わっていきます。

しかし、普通の会社員には
時間がないのが現実です。

4つの時間

1 最低限の時間

最低限必要なこと、
やらざる得ないこと

寝る、食べる、
働く、家事育児など、

食事、睡眠、
入浴、歯を磨くなど
人間として生きるために

必要最低限やらなければ
ならないことです。

「今ビジネスに追われているから
5日間歯を磨いていない」

「3日食事をしていません」
などという人はいません。

会社員の人は5日勤務を
しなくてはならないです。

この時間も1に
カテゴライズされる
必要な時間と
考えられます。

2 目標達成のための時間

今の自分を変えるため
にやるべきこと

学習、ビジネス、
今後の人生の計画を
立てるなどです。

生死に関わる問題では
ありませんが、

より良い人生を
送るためには
この時間を確保する
必要があります。

あなたの目標な
なんでしょうか?

高級マンンションに住みたい?
高級車に乗りたい?

別荘が欲しい。
海外に移住したい
セミリタイアしたい

これら、将来的に自分が
目標としていることに
つながる時間は、

できるだけたくさん
とりたいものです。

短期的な目標でもいいですし、
長期的に見た
行動でもいいですが、

現状維持ではないように
少しずつ前に進むことが大切です。

「ゴールからの逆算」

という言葉があります。

言葉の通り、も苦行と
しているものがあるならば、
それに向かって時間を
使うことが必要なのです。

目標は夢ではありません。
夢を見ているだけでなく、

実際に計画して
行動していくことが
時間配分にでは
必須になってきます。

自分が目標に向かって、
できることを
リストにするなどして、

できることから
始めていきましょう。

投稿者: kentaro

身体の不調を整え 生産性を最大限に引き上げる ヘルスライフ コンサルタント 名前 Kentaro 職業 ヘルスライフ コンサルタント 趣味 旅行 (国内、海外)、クラシック音楽、コーヒ、紅茶 【主な実績】 米国で有名な、ヘルスコンサルタントから 栄養学、運動、睡眠、瞑想など 身体、精神を教わる。 身体と精神のパフォーマンスを 最大限に引き上げる、 ヘルスライフ コンサルタントとして活動中。 Amazon書籍 複数部門でランキング1位を獲得 【マスコミ露出歴】 ・2017年春にラジオ番組の「みやちゃんあつしの南米だより」 にゲスト出演 ・パラリンピック金メダリストとの会食会に参加 ・2018年の秋に「京都コンサート レセプションパーティー前夜祭」に特別参加 同じ時期「フランスセレブパーティーin京都」に参加               ・2019年冬に「映画監督と業界関係者との2daysクローズドパーティー」に特別参加 ・バイオリニスト クラシックパーティーに参加    ・パラリンピック会長と部長とのクローズドパーティーに参加            ・ジャマイカの首都キングストンの総合病院で癌患者の為に寄付活動を行う ・「歴史上の末裔の方との懇親会in広島」に参加 ・世界トップバレエダンサーのバレエ鑑賞 関係者のみの国際セレブパーティーに参加 【 SNS情報】 Facebook:https://facebook.com/kentaro.world

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください